記事リスト

本作りはココに注意

印刷

原稿作りは慎重に

同人誌を作る際の醍醐味は、本文の内容から表紙の装丁まで、あらゆる所に自分で手が加えられる事です。ですが裏を返せば、思い通りの同人誌を作る為には、間違いのないキチンと作成した原稿が必要だ、という事になります。昨今の原稿はデジタル作成が多いですが、印刷所で綺麗な同人誌を作ってもらう為には、紙原稿には無い注意点が幾つかあります。まずはデータの解像度です。この数値が低ければ印刷結果は荒くなり、高ければ細密になります。ただしこれは高ければ良いというものでもありません。数値が高くなる分、データ容量も増えていくからです。同人誌印刷に適した数値は、モノクロで600dpi、カラーでは350dpiと言われています。次に、モノクロ原稿での文字の処理についてです。パソコン画面上に表示される文字には、輪郭に出るギザギザを目立たなくする為に、間をグレーで補うアンチエイリアスという処理が掛かっています。この処理があるまま印刷すると、グレー部分が網点化されるので文字がぼやけてしまいます。モノクロ原稿の文字のアンチエイリアスは、最初から掛けないようにするか最終的に処理を切るようにしましょう。最後にカラー原稿です。一般的にモニターはRGB、印刷物はCMYKで色の表示を決めています。しかしこの二つは表示領域の被る所とそうでない所があり、被らない所では色の再現が難しくなる為、近似色に置き換えられる現象が起きます。RGB(モニター上)では鮮やかだった色が、CMYK(印刷結果)ではくすんだ色味になるのです。CMYKカラーでの作業が望ましいですが、RGBカラーでデータを作成する際には、前記の事を鑑みて着色するよう心掛けましょう。

RECOMMEND POST

CMYK

ダイレクトメールに最適

OPP袋はその丈夫さや防水性、軽量であり、透明なので袋の中身が見えることから、ダイレクトメールを送るのに使用する企業が増えています。また企業のロゴや社名を入れるなど、デザインを自由に印刷できる点も大きな魅力です。

印刷

本作りはココに注意

昨今の同人誌原稿はデジタル作成が多いですが、注意点が幾つかあります。原稿のデータの解像度はモノクロ600dpi、カラー350dpi、モノクロデータの文字にアンチエイリアスは掛けない、RGBカラーデータは、印刷結果がくすむ点を配慮する、以上に注意しながら、綺麗な原稿を作りましょう。

冊子

優れたパッケージ製作会社

朋和産業は非常に優れた、消費者が買いたいと思うパッケージをこれまで多々制作してきました。高性能かつ最新の機械を常に導入しているので、どんなパッケージでも自由自在に作る事ができます。また、開けやすいパッケージの開発にも力を入れています。

色見本

色をつけることの利点

フルカラー同人誌は作家特有の絵の魅力が伝わりやすく、異なるフルカラー同人誌間の同じキャラの雰囲気の違いを楽しむことができる。作家側としては通常よりも丁寧な作業を求められるが評価された際のネット上での評判の拡散などメリットが大きい。