記事リスト

たくさんの種類があります

プリント

需要が増えています

アニメや漫画・ゲームなどのサブカルチャーが根付いてきた昨今、それらを好きで生きがいとしている「オタク」と呼ばれる人たちも増えています。関連するコスプレイベントや声優のコンサートはどこも盛況で、同人誌即売会には一般の人や有名人も参加するようになりました。特に同人誌即売会への参加者は後を立たず、大きな会場で行われるものは、売る側と買う側のマナーの良さがニュースになるほどのイベントへと発展しています。世界各国を見ても、これほど理路整然としたイベントはないということで、海外からのオタクたちの参加も増えてきました。同人誌即売会に売る側として参加する場合、同じ作品を好きな仲間もしくは個人で同人誌を作る必要があります。同人誌印刷には大きく分けて、オフセット印刷とオンデマンド印刷があり、需要の多さから、印刷所も多種多様になっています。それぞれの印刷所によって様々なセットやオプションを取り揃えていますので、自分が作りたい本に見合ったものを選びましょう。まずはページ数と大きさ・表紙のイメージなどがあれば、同人誌印刷所を選ぶ際の基準になります。現在人気なのは、低価格で少部数からオンデマンド印刷で制作できるところで、ホームページを検索してみるとたくさんの印刷所が該当します。パソコンで制作した原稿をデータでそのまま入稿できるところや、簡単な見積りを計算をしてくれるところもあります。特に便利なのは、表紙の特殊加工を行っているところで、PP加工や箔押し・ホログラム加工やカット加工など、一度は利用してみたいものが目白押しです。

RECOMMEND POST

CMYK

ダイレクトメールに最適

OPP袋はその丈夫さや防水性、軽量であり、透明なので袋の中身が見えることから、ダイレクトメールを送るのに使用する企業が増えています。また企業のロゴや社名を入れるなど、デザインを自由に印刷できる点も大きな魅力です。

印刷

本作りはココに注意

昨今の同人誌原稿はデジタル作成が多いですが、注意点が幾つかあります。原稿のデータの解像度はモノクロ600dpi、カラー350dpi、モノクロデータの文字にアンチエイリアスは掛けない、RGBカラーデータは、印刷結果がくすむ点を配慮する、以上に注意しながら、綺麗な原稿を作りましょう。

冊子

優れたパッケージ製作会社

朋和産業は非常に優れた、消費者が買いたいと思うパッケージをこれまで多々制作してきました。高性能かつ最新の機械を常に導入しているので、どんなパッケージでも自由自在に作る事ができます。また、開けやすいパッケージの開発にも力を入れています。

色見本

色をつけることの利点

フルカラー同人誌は作家特有の絵の魅力が伝わりやすく、異なるフルカラー同人誌間の同じキャラの雰囲気の違いを楽しむことができる。作家側としては通常よりも丁寧な作業を求められるが評価された際のネット上での評判の拡散などメリットが大きい。